関西での税金問題

関西で風俗嬢を志す女性というのも決して少なくはないように感じます。たとえば、大阪から少し離れた和歌山県や奈良県、さらに離れた中国地方や四国地方に住んでいる女性などは、大阪のような都会で風俗嬢をしたほうが稼げるといわれているのです。ちなみに、大阪で風俗嬢をするにあたって結構気になることといえば税金のことだと思われます。これに関していえば、大阪に限らずどの地域でも気になる部分になってくるのです。

風俗嬢は基本的には個人事業主といった扱いになるケースが多いですが、大阪では税金問題を配慮していたり、女性側が確定申告をする手間をなくせるようにあらかじめ源泉徴収が用意されており、自分で確定申告をしたりせず税金に悩まず働ける好待遇なお店がたくさん存在してきます。また、お店によっては税金についてアドバイスをくれることも多いですし、確定申告のことでわからないことがあればお店のスタッフが丁寧に教えてくれることになります。

風俗嬢は豊かな高収入を得られることが最大のメリットですが、もしお給料から税金が徴収されていない場合は自力で確定申告をこなす必要があります。ですので、給料明細をきちんと管理しておくようにしたり、仕事に関して発生した雑費について領収書を大事に保管しておくことが求められてくるのです。

後、風俗嬢をしていると日々交通費が掛かったり、タオル代や避妊具を買うためのお金など何かと雑費がかかってしまうことが多いですが、それらの費用は確定申告するときに必要経費として申告できるケースも多いからです。そもそも、大阪は他の地域と比較すると給料が高く、キャバクラやヘルスなどの風俗関係のお店が多いため、周辺の地域から出稼ぎなどで働く女性が多いという特徴があります。

ですが、逆に空いた時間を使って稼ぎたいという女性も必ず存在します。そういった場合も、求人情報の内容を確かめて決めると自分に適した職場を探せます。中には、多くのお金を稼ぐと税金の金額に影響するため、夫の扶養に入っているときは稼ぎすぎると多くのお金を支払う義務が発生するという人もいます。そういった場合に関しても、関西の風俗店が親身になって考えてくれますので、何の気兼ねもなく相談すればいいと思われます。

最後に、確定申告をするときは稼いだ金額を正しく把握し、パソコンを使って会計ソフトをインストールして入力すると申告をするための書類を作成できます。風俗嬢の仕事は多くのお金を稼げるために効率的ですが、稼いだ金額を申告する義務があるため流れを確かめて計画を立てることが重要なのです。

働くなら都会が有利

今現在、日本にはおよそ30万人~35万人程度の風俗嬢が存在しているといわれています。日本で一番の主要都市といえば東京になるのですが、その次でいえばやはり大阪になってきます。大阪も含まれる関西というのも、全国的に見てもかなりの風俗大国になります。ですので、自ずと関西で活躍する風俗嬢というのも多く存在してくるのです。

そこで、関西からほど近い地域に住んでいる女性が風俗嬢になろうと考えたとき、どこで風俗嬢をやればいいのかわからない人もいることでしょう。これが田舎になれば田舎になるほど情報というのは少なくなってくるものでもあります。やはり、仮に関西で風俗嬢をしたいと考えるのであれば、都会にほど近い地域でお店を探せば良いかと思われます。なぜなら、都会のお店のほうが条件や待遇が良いアルバイト求人が多いからです。

それこそ関東ならばやはり東京が一番でしょうし、関西なら絶対に大阪になってきます。デリヘルのアルバイトにしても、アルバイト求人を探すのでしたら都会のほうになればなるほどアルバイト報酬や待遇、内容というものが良くなっていくのです。

その背景にはまず、売り上げの金額というのが挙げられてきます。要するに、アルバイトをする女性たちを好待遇かつ高いアルバイト報酬で受け入れられるぐらいに売り上げがあるということが考えられてくるのです。そして、売り上げがあるのはやはりお客様がたくさん来てくれるからなのです。ということから、売り上げの多そうなお店ほどアルバイトをする女性の待遇が良かったりする傾向があるということです。

ちなみに、数多くある関西の風俗店の中に「大阪十三」という地域が存在してきます。大阪十三と聞けば風俗バイトのイメージを持つ人も多いことでしょう。そういった考えから、アルバイトする側の女性にとっては大阪十三のアルバイト求人に対して手を出しづらいものがあるかもしれません。大阪十三のアルバイト求人を自然と敬遠してしまう人もいるでしょう。正直な話、それはかなりもったいない話でもあるのです。なぜなら、大阪十三でのアルバイトは非常に稼げる可能性を秘めたものが多いからです。【参照HP⇒十三にある風俗求人|熟女家

たとえば、デリヘルというのは出張タイプのヘルスのことですから、たとえ大阪十三にお店自体は位置していても、実際にサービスを行う場所は大阪十三ではないことが多いのです。ましてや、「自宅待機OK」や「送迎あり」といったデリヘルバイト求人の場合、大阪十三に足を踏み入れることなくアルバイトを行うことだってできるのです。

大阪十三以外にも風俗を連想させる地域は関西にたくさん存在してきます。だからといって何でもかんでも避けていれば、なかなか稼ぐことはできませんし、いつまで経ってもお仕事にありつけることだって難しいのです。

関西にも集まりやすい

日本全国にはありとあらゆる風俗店が存在しています。やはり、人口的に考えても風俗店の数は東京が一番であるということは誰でもわかることだと感じます。ですが、東京で働く風俗嬢が全て東京在住かといえば決してそうではないのも事実なのです。色々な地方から「出稼ぎ」という名目で風俗嬢として働く情勢も多いのです。実はその逆のケースもあり、東京在住の女性が地方へと出稼ぎに行くこともあります。

今現在、はっきりとした正確な人数は出せませんが、日本全国にはおよそ30万人~35万人の風俗嬢が存在しているといわれています。もちろん、その大半は主要都市に住んでいる女性であると思われるのですが、その中でも関西在住の女性も多く風俗嬢として活躍しているようにも思えます。関西もれっきとした風俗大国であり、大阪に関しては土地が狭いにも関わらずありとあらゆるところに風俗店が軒を連ねているのです。

ちなみに、今は風営法というものが変わった影響もあり「デリヘル」という業種が勢いを増しています。デリヘルは開業に伴う費用を抑えられる上に、ランニングコストも抑えられるメリットがあるため、今現在最も店舗数の多い風俗店のジャンルとなるのです。当然、それに伴って風俗嬢の在籍数も多くなっていきます。単純に関西人だけが関西で風俗嬢として働いている訳ではなく、出稼ぎに来ている女性も非常に多いのもまた一つの事実でもあるのです。

本来は、借金が理由もしくは生活に苦労している女性が風俗嬢になるイメージがあるものの、最近では自ら志願して風俗嬢になる人も少なくはありません。関西に限らず、どの地域の風俗店であっても余程問題がない限りは、とりあえず採用するという流れがあります。そして手厚い待遇面も充実しており、結果を残せばしっかり稼げるというメリットもありますので、このように様々な面を考慮して関西で風俗嬢として働く選択をする女性も決して少なくはないのです。

そこで、関西で働く風俗嬢が多くなればなるほど稼げるチャンスは少なくなると考える人も中にはいるでしょう。答えから言いますと、それは完全に間違った認識になってきます。そもそも、質の高い女性が数多く在籍しているとなると当然そのお店を利用しようと考えるお客様は多くなります。女性が多く働けば働くほど、質の高い女性の割合は高くなり、その周りのお店や地域が活性化されて賑わってくるのです。そうとなれば人も集まりやすくなり、自然とお客様もお店に足を伸ばす人が増えてくるという流れになるのです。

大阪は東京に次いで第二の都市だといわれています。そんな大阪がある関西に風俗嬢が多く集まってくるというのも、ある意味納得ができる話ではないでしょうか